AnimeJapan2017 2日目に行ってきました。

AnimeJapan2017 2日目(3/26)に行ってきました。

色々Live2D使ってるタイトル多いみたいだったので突撃してきました。
 
 
 
Live2Dを使ってたタイトルを中心に感想をまとめる感じで。
※動画も撮影したので後日更新してみます。
 
アイキャッチ画像のRewriteのブースは、別に面白い仕掛けがあったのでそれもまとめてみようかなって。

 
1)『魔法師開発研究所』の脇の壁
【魔法科高校の劣等生】


→デジタルサイネージでお兄様と深雪さんのLive2Dモデル。デジサイの流れ来てる感じ。タッチ機能はないみたい。
 
 
 
2)『王宮ウォール』
【王宮教師ハイネ】

→ステージの上のディスプレイの前に立って挨拶すると返事を返してくれる……らしい。(恥ずかしくてやってない)
 
 
 
3)『マギア・レコード』
【魔法少女まどかマギカ】


→ご存知、まどマギのスマホゲー。調べた感じだと実際のゲームにもLive2Dあるみたい。デジタルサイネージを1番多く投入してた。ブースの眩しさもあって、すごく目をひいた。でも、Live2Dモデル自体の作り、モーションがかなり簡易なものだった。目を引けばいいから別にいいのかな?ゲームもこれだったらちょっと……
 
 
 
4)『スタンドマイヒーローズCM』
【スタンドマイヒーローズ】

→待機列の上にあった画面。 キスするところイイですね。小さいディスプレイだったので、ちょっと気づきにくいかも。待機列の暇つぶし程度ならこのぐらいでもいいかな?
 
 
 
5)『Enjoy↑↑ ANIPLEX』
【アニプレックス】

→トンネルみたいな感じのところがあって、中の大きい画面でモデルがみれました。こういう大きい装置?みたいなのはやっぱりイベントならではって感じでたのしい。
 
 
 
とりあえず、見かけたところではこんな感じでした。漏れあったら、コメントなり、CONTACTなり、Twitterなりで教えてくれたら……と。
 
 
 
前回のAnimeJapanは行ってないですが、明らかにLive2Dを採用しているところが増え始めてるなぁと。あと「イベント会場の広さ」を活用した採用の仕方がどれも工夫されてるかんじ。
 
 
デジタルサイネージで展示するやーつはキャラの音量をもうちょっと上げてほしかったかなって。通常はうるさすぎるくらいの音量でいいと思います(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
余談だけど今回、センサーやARやVR技術を使ったブースがかなりあったなぁと……例えば、魔法師開発研究所では魔法師適正試験という体感型アトラクション。
 
 
VRもありました。専門学校の学生さんが制作した作品に列も結構並んでましたね。

ARはアニプレックスブースで面白かったのがありました。アニメのカットが壁に展示されているのですが、それを専用のアプリのカメラで見ると、そのシーンをその場で視聴できるというものです。
 
 
 
 
VRやARは個人や家庭でも可能だけど、広い部屋や機材を用意するのがやっぱりまだハードルが高いみたい。
 
 
 
対してイベントなら広い場所確保できるから、ブンブン手を振り回しても問題ないし
 
機材もVRヘッドセットだけじゃなくて、遊園地とかにある大きい乗り物とか使えばよりリアルに体験できるし、何しろ間違いなく目立つよね。
 
 
ファンタジー系、異世界系のアニメやゲームはなんだか「みんな同じ」とか「飽きた」とかいうけど、設定が似てるだけで全く同じというわけじゃないんだから、そのお話ならではの設定を使った体感アトラクションを作ってみたらいいんじゃないかなーって。

SpriteStudio ユーザーミーティングいってきました!

OPTPiX SpriteStudio ユーザーミーティング【懇親≧学び】
【3/17金@西新宿】OPTPiX SpriteStudio ユーザーミーティング【懇親≧学び】
行ってきました。

自称Live2Dマンですけどtwitterの方であこちゃんをSpriteStudioで作ったこともあって興味あってそーいで参加してきました。

新宿駅から15分歩いて株式会社gumiさんへ。

ちょっと15分くらい遅れちゃったんですけど、ちょうど最初のセッションが始まったみたいでギリ間に合ったみたいです。

会場に着いてみると多分100人以上はいそうな雰囲気。みんな名刺下げてましたけど、ほとんどが業界の人だらけで、個人の趣味で来た人は少なそうな感じ。

 

 

うんみんなつよそう。

 

 

 

ちなみに当日のセッション一覧はこちらです。
短い感想だったり、良さそうなノウハウをつけて……

1)『SpriteStudioの豆テク集』
グリー㈱X Production部 アニメーションディレクター 清田 徹 氏】
SpriteStudioのテクニック紹介のお話。

聞いてるとLive2Dにない便利な機能がSpriteStudioにあるんだなぁって思った。カーブエディタでパラメータを線形に変化させることってLive2DのAnimatorでできたっけ?

 

 

2)『ロマンシング・サガ2制作秘話』
㈱アルテピアッツァ代表取締役 眞島 真太郎 氏、他】
ドット絵をSpriteStudioでアニメーションさせるという話。

ドットアニメーションはみたことなかったので新鮮だった。スプリガンみたいに片足が地面から離れているキャラを動かす場合、足が離れている状態で動かすと違和感でちゃうから、クライアントに相談して足を新しく作成して初期状態を接地させる、というのは戦略的にアリなんだって。

 

 

3)『キャラクターの魅力を引き出すためのアニメーションと制作体制
Happy Elements㈱ カカリアスタジオ アニメーションデザイナー 稲葉 彩華 氏、他】
メルクストーリアのマーガレットちゃんの制作過程、秘話っぽい感じのお話。

プランナー、イラストレーター、アニメーションデザイナー、エンジニア、シナリオライター、全ての人がどのように関わって一人のキャラクターが誕生しているのかを公開。

学生さんとか業界に興味ある人ウケする話だと思う。自分も業界の人間かというと微妙な位置なので面白かった。

4)『SpriteStudio Ver.6 追加要素:メッシュ / ボーン / マスク 他』
㈱ウェブテクノロジ SpriteStudio開発チーム リーダー 遠藤 義輝】
近日リリースされる最新版の追加機能の紹介。マスク機能が新しいかも。

 

 

5)ライトニングトーク
・『SpriteStudio ユーザー動向+』 【ウェブテクノロジ・コム 浅井】
SpriteStudioのユーザーはだいたいがスマホのネイティブゲームを作っているけど、最近頭角を表してきたのはブラウザゲームらしい。

スマホのOS(iOS、Android)を問わずにプレイできるというのが注目されてきてるみたい。

 

 

・『旧バージョンのまま使い続ける勢』 【㈱アメージング 両川 毅 氏】
エンジニアさんの都合で古いバージョンを使い続けてるところもあるらしい。自分はエンジニア経験あるので気持ちはわかる……

ビーナスイレブンってゲームをリリース中。

 

 

・『価値を最大化するソリューション選定』
㈱ORSO 鐘ヶ江 慶太 氏 / 川畑 良平 氏】
SpriteStudioとSpineはどちらがいいか?

それは和食と洋食はどちらが良いかを聞くのと同じだ。大事なのは、最終的に実現したいことができるツールを選ぶこと。最終的な目的は美味しい料理を作ることだ。

ORSOさんはそんな美味しい料理を作れる人を大募集してるらしいです。

 

 

・『新作ランゲーム バディランナー』【㈱トムクリエイト 大場 彰博 氏】
→新作ゲームの紹介。婦警さんに水泳選手を乗せるっていうのも可能なんですかね(笑)

会社のことも説明してて、50名程度だけど社長さんが色々結構やること多いみたいで、ぜひ人が欲しいらしい。それこそ、デザイナー、エンジニアだけでなく営業やマーケティングなど、自分の得意分野を生かせる人を必要としてるっぽい。

 

 

という感じでした。技術的なお話も良かったのですが、全体的にどの企業さんもアニメーションデザイナーをかなり欲しがってる感じでした。

名刺を切らしていたのが悔やまれる……次のSpriteStudioのミーティングは作品をもうちょっと作って名刺も持っていきます\(^O^)/

Live2D初心者向け講座をやります(2017/1/2)

Live2D初心者向け講座をやります(2017/1/2)

Live2D初心者向けの生放送講座をやります!
Live2DのFREE版(無料)を使用して自分のSDキャラクターを動かしてみよう!


2017/1/2(月)21時ごろから、1~2時間程度、twichで行う予定です。


・Live2Dは聞いたことはある…ちょっと興味はあるんだよなぁ…
・Live2DのFREE版(無料)をインストールして使ってみたけどよく操作がわからない…マニュアル見たけど諦めちゃった…
・自分の描いた嫁を動かしたい!

なんて人向けの講座です。Live2Dの使い方がよくわからない、難しい!って方向けの生放送です。

こんなものが作れるようになるのが目標です↓

難しいテクニックや多くの機能は使用しません。基本的な機能を使用していきます。Live2Dの操作に慣れてもらうのが目的になります。
 
 
コミケも終わった年始のゆっくりした時間に…いかがでしょうか?
自分の嫁キャラを動かして2017年をスタートしましょう!
 
 
 
講座を受ける前に下の【Live2Dを始めるための準備】①~③をお願いします。大事なお願いです。
スムーズに進行するためですので、ご協力をお願いします。
 
※イラストが描けない方は②まででOKです。自分の嫁キャラを動かしたい人はぜひ③までやってみましょう。
こちら(神吉様Live2D初心者講座)のページもインストールの参考にどうぞ。
※質問は無頼2000(Twitter)へお気軽にどうぞ(お気軽にリプどうぞ)
 
 
【Live2Dを始めるための準備】
①Live2D Cubism Editorをダウンロード・インストールしておく
Live2D Cubism Editorというものをつかってキャラを動かしていきます。
 
(1)ダウンロードページから最新版インストーラをダウンロード
 
(2)「Win:最新版をダウンロード」か「Mac:最新版をダウンロード」をクリック(自分の環境に合わせてください)
 
(3)利用規約に同意し、次にアンケートを入力(「個人」にチェックし、「メールアドレス」だけ入力すればOKです)
 
(4)Live2D_Cubism_Setup_2.1.16_1_jp.exe(2016/12/28時点)がダウンロードされるので、実行し、画面の指示に従ってインストール
 
 
そうするとインストール先にこんな感じのファイルが出来上がります。↓

 
 
②事前資料をダウンロードしておく
こちらから事前資料のダウンロードをお願いします。↓
http://firestorage.jp/download/899d1c27977924c9359fde63729ba1240cb64d5e
 
 
中身は以下の2つです。
[yomikomi.psd]:Live2Dへ読み込ませる直前の状態のpsdファイルです。パーツごとに統合され、フォルダやマスクがない状態です。イラストが描けない人はこのファイルを使用して受講してもOKです。
 
[モデル_完成版.cmox]:今回作成するLive2Dモデルの完成版です。今回の講座ではこのファイルをつくることが目標です。
 
 
!イラストが描けない人→[yomikomi.psd]を使い[モデル_完成版.cmox]をつくることを目指します。
 
!イラストが描ける方で自分の嫁を動かしたい人→次の③でパーツをわけを意識しつつ、イラストを描き[yomikomi.psd]を使ってみましょう。そして[モデル_完成版.cmox]をつくることを目指します。
 
 
 
 
③イラストを描く(イラストが描ける人)
★今回はSDキャラを動かす講座とさせていただきます。

 
上の画像のようにパーツ(頭、体、腕)に分けることを前提にしながらイラストを描きます。(髪型によっては補足①のように「頭」と「うしろ髪」にわける)
そのあと、頭、体、腕にパーツを分けて、事前資料の[yomikomi.psd]のようなファイルを作成します。
※羽はこのモデル専用のパーツです。遊び心です。嫁キャラに羽を持たす必要はありません。
 
 
[yomikomi.psd]のようなファイルを作成する際には以下の点を守ってください。
 
・カラーモードはRGB
 
・キャンバスサイズはあまり大きすぎないように(長辺1000ピクセル程度)
 
・フォルダやマスクは使用しない。([yomikomi.psd]のように通常レイヤーのみのファイルにする)
 
・背景は透明にする。

 
※psdのファイル名は自由です。yomikomi.psdでなくてもOKです。
 
 
以上、ご協力よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 

(2017/1/2 追記)
放送終了いたしました。
放送中、画面がぷつぷつ切れていたようで申し訳ありませんでした。

あとAnimatorの説明が超飛ばしですみませんでした。
おまけの羽のしなりも説明できなくてすみません。><

モーションファイルを作成しましたので「モーションデータのインポート」を参考にアニメーションを作成してみてください。
http://firestorage.jp/download/1a433ba937254b99fb1467a7dfa73fc89836e12b
 
 
放送した動画をyoutubeにアップロードいたしましたのでご参考にしてください。

※動画、資料等は教育、研究目的で自由に使っていただいても構いません。

よかったらブログコメントや、Twitterのリプでも構いませんので感想、ご指摘をいただけると励みになります。

「Live2Dサンプルデータに使用した応用テクニックの解説セミナー」に参加してきました。

タイトルのとおり参加してきました。
セミナーの中でいいなーと思ったところを覚え書きのノリで書き留めます。
※結構雑です。

—————————————————————————————
本セミナーにて中心となったテーマは以下である。
①クリッピング機能を使ったこだわりの立体表現
②加算オプションを使用した炎の照り返し表現
公式のサンプルモデル「ガンツァルト・フェリクサンダー」を使用して説明された。

①クリッピング機能を使ったこだわりの立体表現
1
画像の剣を握っている部位は「右手指マスク用(青)」「右中指(赤)」で重なっている。描画順は「右中指(赤)」が上である。

「右腕 角度」のパラメータが「0」にして剣を下げている状態では、第1関節の指の面がほぼ真下を向いていて見えない状態だが、「右腕 角度」のパラメータが「1」にして剣を振り上げた状態では、その面が見えてきているだろう(真下を向いていた第一関節の指の面が手前に現れている)

中指のパーツだけでなく、薬指、小指のパーツにも注目してほしい。見えなかった第一関節が見えてきているのがわかる。

「右手指マスク用(青)」「右中指(赤)」をクリッピングすることで、この見えなかった部分が見えてくるような立体的な動きを実現している。

「右手指マスク用(青)」の描画オブジェクトは握った手の形状をしており、「右中指(赤)」は伸びた状態の指である。
2
剣を下げている状態では「右中指(赤)」「右手指マスク用(青)」のパーツにマスクされ、ちょうど指の先だけが見えていない状態になる。剣を振り上げたときに「右中指(赤)」を移動させることで、指の先が見えてくるようになっている。

②加算オプションを使用した炎の照り返し表現
Live2Dの加算オプションにを使用すると、描画オブジェクトにPhotoshopのブレンドモード「覆い焼き(リニア)加算」と同様の効果を付加することができる。

まず、炎の照り返しをどこに乗せるのかをあらかじめイメージしておこう。今回は以下の画像の線で囲った部分に炎の照り返しを乗せることにする。
3

イメージができたら「照り返し用の描画オブジェクト」を用意する。
5
照り返しを乗せる部分を全部カバーするような形状の描画オブジェクト(オレンジ色)を作成する。
「照り返し用の描画オブジェクト」はこれひとつだけあれば良い。

この「照り返し用の描画オブジェクト」のオプションを「加算」にし、照り返しを乗せたいパーツにクリッピングすると照り返しを表現することができる。
下の画像では分かりやすいように、手の甲にのみ照り返しを乗せた。
4
サンプルモデルでは「炎」パーツの「炎照り返し_〜」と名前の付いた描画オブジェクト名が照り返し用である。
「照り返し用の描画オブジェクト」はひとつだけ作成したはずなので、他の部分にも照り返しを乗せるために
「照り返し用の描画オブジェクト」を複製して同様に「加算」状態でクリッピングしよう。

—————————————————————————————

参加イベントやゲスト情報、落書きまとめ

アイスタみてます。
アーケードもやってます。
アイスタ

更新長らく止まっておりました(汗
基本ずっとtwitterやpixivで告知しておりましたものでした。

参加イベントやゲスト情報、落書きをまとめます

■C90
 C89の既刊(プリントオンさんのわくわくどきどきセットで再販)と
 スミレちゃんアクリルキーを頒布してました。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=58268922
 
 あとスミレちゃんをLive2Dで展示してました。
 https://www.youtube.com/watch?v=_NtM6JUAffM

★ゲスト情報
 サークル「都会のあばら家」さんの新作「永遠亭にホームステイ!」の
 フィールドキャラクターとメディスンのアニメーションを制作させていただきました。
 https://twitter.com/mashro_o/status/761906804506763264

■Live2D Creative Award 2016
 コンテストの方に作品出してました。
 最終選考までは行かなかったですけど良かったら見てくださいー。
 https://www.youtube.com/watch?v=C0QAjU__f1U

■芸カ9
 C89の既刊とユリカ様アクリルキーを頒布してました。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55255437
 
 あとユリカ様をLive2Dで展示してました。
 https://twitter.com/BURAI_VC2008/status/698450529458851840

■静流さんの恋愛事情
 Live2Dとティラノビルダーを使用してゲームっぽいの作りました。
 動画はこちら↓
 https://twitter.com/BURAI_VC2008/status/767741133921189888
 https://www.youtube.com/watch?v=hC20c-JIvMo
 
 実際にこちらで操作できます。↓
 http://yataya2000.com/Live2D/SIZURU/

■KeyPoints9
 Rewriteのアニメ化記念でルチア本アンソロを頒布したました。
 表紙を担当させていただきました。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56072736

■れもたろさんのこまりんをぬるこましました。
 れもたろさんのこまりんお借りしてLive2Dで動かしました。
 https://twitter.com/BURAI_VC2008/status/721504779784957953

■お正月絵
 書き初めオリジナル娘です。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=54513377

とりあえずtwitterの方が今のところ最新情報はわかりやすいかと…(汗
ブログはまとめ用になるかもです。

C89告知

すっごい更新久しぶりですすいませんでした。
C89にサークル参加いたします!今回はいつもと違って1日目です。

お品書き_up

スペースNoは一日目テ-12aです。

※スケブは申し訳ありませんが今回お受けできません。

KeyPoints7告知

4/12(日)大田区産業プラザPioで開催の「KeyPoints7」に参加します。

スペースNo「e-18」です。

新刊が今回個人誌と合同誌で2冊あります!

①Color idea 1

keypoints7_1

Keyキャラえろ多めカラーイラスト本(12P/B5/300円/R-18

あまり描いたことのないキャラを中心に描きました!

②Colorful Mamaredo

keypoint7_2

合同誌カラーイラスト本(12P/B5/300円/R-18

・くぇさん(Twitter

・もぐぷちさん(Twitter

・ぷりてんだーさん(Twitter

の3人との合同誌です!えろ80%です!

 

※当日について
サークル主(無頼)はサークル入場時間、及びイベント終了時間間際以降にのみ会場におります。イベント開催中は基本会場にいませんのでご注意ください。当日は店番の方がおります。

C87告知

本当にイベントが来ないと全く更新しませんねここw

大体がtwitterやpixivで済ませちゃってる感です。

ということでC87は「3日目 む21b」にて参加します。おしながきです。

oshinagaki_C87

今回、コミケWebカタログと言うものも使ってみましたのでそちらもどうぞ

https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/11617259

ここのほうが本の内容や仕様が書いてあるのでわかりやすいかも?です。

KeyPoints6告知

お久しぶりですー。><

 

明日のKeyPoints6は既刊のみとなります。

が、同じイベント内でcyanotypeさん(y07)のkeyカレンダーに一枚描かせて頂いておりますのでそちらの方でもよろしくお願いします。

 

あと忘れてなければ夏コミのルチアカリポスター持って行くと思います。

 

取り急ぎですが失礼致しますー。

KeyParty6告知

お久しぶりです!
そして夏コミお疲れ様でした。

 

ルチアカリ本お手にとっていただけた皆さん有難うございました。

新刊の委託の方はすでに品切れとなってしまいました。申し訳ありません。そしてありがとうございます><

手元にはまだ幾つかありますので以降のイベントにてサークルまでお願いします~。

 

【サークル参加情報】

9月21日のKeyParty6に参加します。

新刊はありません。すべて既刊となります。

夏コミの新刊もありまーす。

よろしくお願いします。