Live2D

【Live2D】同名のレイヤー名を抽出するPhotoshopスクリプト

Live2Dのパーツ分けしたpsdに同名のレイヤーがあると差し替えでいろいろ面倒なことが起きるので、レイヤー名の重複を自動でチェックするスクリプト作りました。

レイヤーセットもまとめてチェックしていきます。最後に「同じレイヤー名はありません。」とメッセージが出れば、レイヤーセットとレイヤー、すべてが一意の名前になっています。

/********/
/* main */
/********/
app.bringToFront();
if (app.documents.length ==0){
	//ドキュメントが開かれていない場合は処理をしない。
}else{
	//作業するドキュメントの参照
 	var parent = activeDocument;
	alert("同じレイヤー名をチェックし、テキストファイルに出力します。");
	
	// レイヤー名を全取得
	var allLayerName = [];
	getAllLayerName(parent);

	// 重複レイヤー名を抽出
	var sameLayerName;
	sameLayerName = findDuplication();
	
	// 書き出し
	if(sameLayerName.length > 0){	
		writeTextFile(sameLayerName);
		alert("同じレイヤー名が" + sameLayerName.length + "個ありました。");
	}else{
		alert("同じレイヤー名はありません。");
	}
}

function getAllLayerName(parent){
	var ChildLayers= parent.layers;
	for (var i = 0; i < ChildLayers.length; i++){
		if (ChildLayers[i].typename == "LayerSet"){
			//レイヤーセットの場合は再帰処理
			allLayerName.push(ChildLayers[i].name);
			getAllLayerName(ChildLayers[i]);
			
		}else if(ChildLayers[i].typename == "ArtLayer"){
			//レイヤー名を取得
			allLayerName.push(ChildLayers[i].name);
		}
	}
}

function findDuplication(){
	var s = [];
	allLayerName.sort();
	for(var i = 0 ; i < allLayerName.length ; i++){
		if(allLayerName[i] == allLayerName[i+1]){
			s.push(allLayerName[i]);
			while(allLayerName[i] == allLayerName[i+1]){
				i++;
			}
		}
	}
	return s;
}

function writeTextFile(sameLayerName){
	CR = String.fromCharCode(13);
	savename = File.saveDialog("保存するファイル名を入れてください");
	if (savename){
		fileObj = new File(savename);
		flag = fileObj.open("w");
		if (flag == true){
			for (var i = 0 ; i < sameLayerName.length ; i++){
				fileObj.write(sameLayerName[i]+CR);
			}
			fileObj.close();
		}else{
			alert("ファイルが開けませんでした");
		}
	}
}

①psdファイルを開いている状態でスクリプトをPhotoshopへD&D

②「同じレイヤー名をチェックし、テキストファイルに出力します。」と出るのでOK

③同じレイヤー名が存在した場合はファイル出力画面が出るのでテキスト形式(.txt)で保存する。その後「同じレイヤー名がn個ありました。」とメッセージが出るのでOKを押して終わり。出力したテキストファイルを確認して手動で直す。

④同じレイヤー名がなければ「同じレイヤー名はありません。」とでるはず。

 

filterを使って重複を抽出する方法が調べたら出てきたけど、Photoshopでfilter使うと、関数ではありませんエラーが起きてなんか使えなかったので、ソートしてから重複チェックをする処理で実装しました。

レイヤーの種類によってはもしかしたら変な挙動するかもしれないです。とりあえず通常のレイヤー(レイヤー効果は使用していてもOK…のはず)とレイヤーセットなら大丈夫かも。

再帰処理をしてるので、可能なら「Live2D_Preprocess」などを使用してレイヤーを全体的に統合した状態で使ったほうがいいです。

個人で利用するためなのでデバッグはしてません。利用は自己責任でぇ。